移転祝い・就任のお祝い・開店祝いに豪華な胡蝶蘭を贈りいたします。アリス・ガーデンは通販専門の胡蝶蘭販売店で、移転祝いや就任のお祝い用の胡蝶蘭を東京23区は送料無料でお届けいたします!

実績
「出没!アド街ック天国」で出演者の方に紹介されました!
ホーム胡蝶蘭の育て方(2月)

2月の胡蝶蘭の育て方

置き場所

1月と同様、日の当たる室内に置きましょう。
室内の温度は最低15度以上、できれば 18度以上が望ましいでしょう。
たまたま窓を開けて、乾燥した冷たい風に 当ててしまうと、それだけでだめになる恐れがあります。

温暖器具はもちろん厳禁ですが、部屋の空気の入れ替え時には、別の部屋に移動するようにしましょう。
乾き(乾燥)対策として、 胡蝶蘭の回りに水を入れた御茶碗を置くのも有効です。

置き場所イメージ

水やり

1月と同様で午前中に少量の水をあたえてください。
胡蝶蘭の株が1月よりも衰えてくるため、 水不足と勘違いし水をあたえると、根を腐らせる結果になります。
この時期はどうしても低温になるため、胡蝶蘭の元気がなくなりますが、 春になれば元気を取り戻すので、心配ないでしょう。

もしも極寒になったら? 寒さに気をつけて管理していても、たまたま極寒になった結果、 胡蝶蘭の株をだめにしてしまうこともあります。(葉を触ると冷く黒ずんでいる) ここであわててエアコンのそばや、日光にあてたりすると、更に状況は 悪化します。
寒さで傷ついている胡蝶蘭を急に暖めると更に傷つき最悪は枯れてしまいます。

対策は、発見しだい、新聞紙で4重くらいに胡蝶蘭全体を巻き、加温した室内の墨においてください。 この場合、日光にもあててはいけません。また、葉と花に霧吹きをすると良いでしょう。

肥料

この時期はあたえてはいけません。


男性からの贈物で人気があるのがこちらの胡蝶蘭ミディリップ3本立て [定年退職の祝に] 胡蝶蘭ミディリップ3本立て

今年定年を迎える父へのお祝いに、何か良い贈物がないか検討しているあなた。

普段あまり話すこともないけれど、退職の記念日には素敵な贈物でお祝いしたいですね。

そんな贈りたい記念品といえば、高級な生花である胡蝶蘭、特にミディリップ3本立てがおすすめです。

退職の記念日におすすめの花は胡蝶蘭ミディリップ3本立です



お問い合わせはこちらから



社 名 胡蝶蘭専門店アリス・ガーデン
業 種 厳選された生花の通販専門販売サイト
住 所 〒120-0004 東京都足立区東綾瀬3丁目14番11-501
電 話 03-3606-8710
F A X 03-3605-4006
E-mail info@arice-garden.com
営業時間 9:00-18:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日